にじのわまつり 2011
2011年9月24日(土)、書寫山圓教寺にて開催!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

遅くなりましたが・・・。感謝の意。
にじのわまつり2011無事に終えることができ、もうすぐ一ヶ月が経とうとしています。

にじのわまつりが終わり余韻に浸る間もなく、どっぷりと現実の世界へ舞い戻っている
のですが、少しづつ心の中にある思い出を引き出していこうと思います。


まず、はじめにふっと心の中にでてきたもの、それは・・・疲れたねぇ〜。です。(笑)

楽しいいことをするにはすごい疲れる。
お山にこもっての3日間は大して感じないのですが、振り返るといつもこうです。
でもこれが、心地よくきもちいーんです。そう、いーんです。




次にふっとでてきたものは、あの時あの人がいてよかったー。とか、みんなすごい!とか
仕事が早い!とか、なんかやることないですか?とか、手伝ってくれているスタッフの事。

舞台全般を担当している身としていかにスムーズに事を運ばせられるか時間との戦い。



今年は、スタッフのおかげで打ち勝つことができました。




かくかくしかじかハプニングはあれど、ひょいひょいっと乗り越えられた感じ。
ある程度の支持をみんなに出してKittaさんと話し合う。振り返ればもう出来てる。



すごい。すごいよみんな。



細かな微調整もみんなおちゃのこさいさい(←久々にかいた)。
圓教寺の金子さんも感心するほど。。。
そしてターンムファームタクさんが竹の枝をサクサクとそぎ落としクミさんの鈴が
ひょうたんと共に高く舞い上がる。できちゃった。


これで、当日はばっちしね!一度撤収!(↑そうこれは前日のステージリハの思い出)。
前日夜にはKittaさんの布をチクチク。クミさんは鈴をチクチク。
かぁ〜さんがぁ〜よなべぇ〜をしてぇ〜って気分。これもいい思い出です。



当日?そりゃもう。みんなサクサクっとステージ作って次の持ち場に行っちゃったよ。
かっこよかったねー。

恭介さん、川上君、テルオ、中夜、足立君、内藤君、内藤さん、森本君、ケンちゃん、
jackyさん、喜多村君、育ちゃん、豊ちゃん、えみさん、木下さん、小林さん、
そして大山さんにしらが君。
今回の舞台装飾Kittaさん、SAWA君、ターンムファームタクさん、クミさん。
そして、この人がいないと始まらない金子さん。


ステージ関係はこのみんなで作り上げました。
ほんとにみんなのおかげですごいいいものができました。ありがとう。 感謝。



そして、ご来場いただいたみなさまに感謝、感謝です。

お客さんをみてると、みなさんにじのわまつりの楽しみ方を熟知している。
みんなそれぞれが個々の楽しみ方をちゃんと持っていて凄いなあと思いました。

あと、今まで以上に子供が多いなって感じました。いいことです。
お客としていきたい。。。楽しみ方を教えて欲しい。。。そうも思いました。
そう思えることもやってよかったなと感じる事の一つです。

最後に今回演奏してくれたゲストの方々に感謝です。ほんとに素晴らしかったですね。

まだまだ、関わった方々は沢山います。
スタッフみんなに感謝。PA犬島さん。ほかにもあの人、この人、ありがとう。

酸いも甘いもかみしめた大人たちがひとつのことに皆で夢中にがんばる。
よかったです。 もう一度ありがとう。


コアスタッフ ぷゆー。




軌跡。
 
ずいぶんと お待たせしてしまいました
ことしも にじのわまつり
無事 閉幕!!!!!

たくさんの笑顔に会えて 
我々スタッフは皆 ほんとうに しあわせでした!!!

いっぱいの 感謝メールに、涙。
がんばってきた夏が 過ぎていき
あっという間に秋の風。

ゆっくりと 振り返ってみます。
(写真はこれから続々アップ予定!)
今日は長いぞー。笑




にじのわまつり当日。
出店者さんを待ち受ける 積み荷スタッフ。am6:00。



出店者さん おはよございまーす!



楽しい 登山。



山上には 名物 飛脚!



今年も全力で駆けていきます!



荷物は間違えないように・・



看板もしっかり 設置!



そして早速 ライブ入場の受付もスタート




さあさ、急いで設営!



ワークショップに コモレビが綺麗。



itsumoブースは オリジナル旗でデコ!



浮かれちゃう。



再会する。




準備完了!



やるぞー!



おーーー!!



おはよぉ〜



ピーーース。



ぽかぽか。




おすまし。笑



スタンバイ OK



よっしゃ 描くぞー



恒例の 岡山組も やるぞぉ〜



タイマッサージも やるぞぉ〜











どうしても 浮かれちゃうよね。笑









お坊さんだって 買い物しちゃうし





たのしいんだもの!











盛況!前髪カットー!



一仕事終えた サワヤカ飛脚






そして そのころ 舞台では。



どぉーーーーん。kitta 色 炸裂。



どどぉーーーん。



にじーーーー



チリリン クミコ鈴。



かぜに ゆらゆら



てっぺんには 初物 クミコ瓢箪 見参!



出店も 佳境!大盛り上がり





買い物必死。



踊りも。





パンの補充も必死だぜ





ちびすけ も みんな 一緒にたのしく









にじのわカップルも いちゃいちゃ(スタッフ間恋愛。笑)



いいなぁ〜おれも いちゃいちゃしたい。



おれも おれも〜。笑



あたしもあたしも〜。





さあ! いよいよライブエリア開場。



いつでもかかってきなさいよ



シャボン玉の 準備も万端




お客さん 続々



はじまりました 一二三。



のびのび。



たゆたゆ。









kittaと クミちゃんに インタビュー。笑



今年はお坊さん(金子さん)もステージに!



漫談中。



奈央ちゃん 青柳さん 登場。







おどっちゃう



たたた たのしすぎる



夕暮れの舞台は 圧巻。



最後は 生活の柄で おどるおどる (嬉しかった〜)



お待ちかね・・ アン サリーさん!



なんて うつくしい うたごえ





天使のような 女性でした。



舞台には 書写の孟宗竹もディスプレイ



うっとりと 夢のよな 時間はすぎ





ゲストみんなで 蘇州夜曲。



これは 夢か・・




夢じゃなかった・・!!!

````````````````````````````````````
あっという間の
美しくて やさしい 時間。

舞台が とっぷりと
虹色に染まった瞬間を 見ました。

一二三 奈央ちゃん青柳くん アンさん
バンドのみなさん
PA犬島さんと スタッフさん
kitta さわの一家、ターンムファーム近藤家

ほんとうに ありがとう。

itsumoの店舗が休業中のなか
たくさんのなかよしショップさんにも
いっぱい助けてもらいました。

やさしい声をかけてもらったこと
ずっと忘れないです。

お山の沢山のスタッフさん住職様

そして
ずっと 寄り添ってくれた
ボランティアスタッフ約60名のみんな

どんなに感謝しているか!
逆立ちして踊りたいくらいです。
ありがとう。

来場してくださったみなさん
ありがとう。
中には、「来年からスタッフに入れて下さい!」
なんて嬉しい声も聞けました。

にじのわまつり。
みんなのまつり。


くじけそうになっても
がんばってきて よかった。

いま、こころから そうおもっています。
げんき もりもりです。
ありがとう。ありがとう。


にじのわまつり キャプテン 
旅する雑貨屋 itsumo店主 モリハラユカ

(さあ、ここからはコアスタッフが 続々と
にじのわを振り返りますよ〜おたのしみに!!)












準備万端!
今年は早くから準備をしてきたからか。
スタッフがどんどん手際よくなってるからか。

前日の準備は思ったよりも早く完了しました。


準備中も楽しくて。
たくさん笑いました。


スタッフたちは、みんな、明日が楽しみで仕方なくて。
そんな気持ちが表情に溢れています。



荷物の上げ下ろしだって楽しいし。




掃除だって楽しいし。


舞台装飾のお手伝い中は、そこここに笑い声が響いていました。







スタッフの気持ちはひとつになっております!
明日は、ご来場の皆様とも気持ちをひとつにして、たくさんの笑い声をお山に響かせましょう!


一日、お山の上での作業をして、実感。


お昼は暑いけど、夕方から思った以上に寒くなります。
LIVEをご観覧のお客様は、防寒着をお忘れなく。


そして、歩きやすい靴でお出掛けください。
なかなか滑りやすくなっておりますよー。


LIVEチケットの当日券を販売いたします。
ギリギリまで悩んでおられた方!
是非とも一緒にお山での奇跡を体感しましょう☆


今年の舞台装飾もとても素敵です。
虹色草木染・kittaの布は、まさににじいろ。


にじのわまつりにぴったりです!

EMs


にじのわ準備猛ダッシュ中!
台風一過。
綺麗な秋空。

明日はまつり当日です。
お天気も良さそうだし、準備最終仕上げです!

スタッフの顔も真剣になってきました。



何度も何度も繰り返した打ち合わせも。
今夜の申し送りで最後になります。


そのために日々、準備してきました。

きっと明日は素敵な一日になる。
今日の夜には、そう思えるでしょうか。


にじのわ美術班、頑張りました。


にじのわキッズも大活躍です。



気づいたら、部屋がこんなことになったりしつつ・・・。
準備は続いております。




会場に到着するまで迷子にならないように。
もう一度、会場までの道のりを確認してくださいね!

↓↓↓↓↓
会場までの道のり案内の巻

ヤマサの駐車場からシャトルバスをご利用のお客様は、戻りのバスの最終時刻をお忘れなきよう!
ヤマサ駐車場は閉場17時です。


LIVEを見るお客様は、東洋大の方へお願いします!



いい天気だと暑いくらいですが、お山の夜は冷えます。
LIVEのお客様は、防寒着等をお持ちください。

そして、目指せゴミゼロ!
お山の上でのおいしいフードは、マイ皿、マイ箸、マイカップで更においしくなりますよ!

ベンチの数は限られています。
ビニールシートや椅子などがあると、ピクニック気分も味わえちゃいます。

まさか・・・とは思いますが。
もしものときのため、LIVEをご覧のお客様は、レインコートも・・・。
いらないとは思いますが。
もしも、もしも・・・。(笑)


さぁ、にじのわまであと1日!
最終準備開始です!

EMs
にじのわまつり2011 準備進行中!その4
にじのわまつりまで、あと・・・・4日!
最後の追い込みです!

どう考えても、一日足りない・・・。
ってつぶやいたのはスタッフiccoちゃんだったか?

前々から準備を進めてるにもかかわらず、まだまだ、やらなきゃならないことは盛りだくさんです。


それでも、集まるとすぐに笑顔が出る。
気持ちがひとつになってきてる証拠。


笑ってても手は止めない。
忙しさも楽しめるって、すごいことだ。



そんな中、今年もボランティアスタッフの大ミーティングがありました。
仕事等で参加できなかったスタッフも多いけれど。

それでも、たくさんの顔なじみメンバーが集まりました。



とたんに弾ける笑顔たち。










さぁ、スタッフたちのテンションも上がってきました!

早くみんなでまつり当日を迎えたい気持ちと。
準備不足になってないかの不安とが入り混じって、ちょびっと複雑。


でも、やっぱり、ワクワク感のが勝ってるかな。


コアスタッフの顔にも、それが表れてきてますよね?



決して、変な話で盛り上がってるワケじゃない。



まつりの話をしてるだけ!



「あと、何回寝たらにじのわ?」

キャプテンとこの長男に昨夜聞かれました。


みなさんや、みなさんのお子さんが同じように指折り数えてくれてたら。
雨だって吹き飛ばしてはりきります!!

だって、僕たち、私たちは。

に〜


じ〜


の〜


わっ


スタッフですからっ!


EMs
山と空と音と。
 太陽の下。
笑顔が弾ける、出店とワークショップ。


そして、夕暮れ時から始まるライブ。

こちらは、ライブチケットを購入いただいた方のみが体験できる、にじのわまつりのもうひとつの醍醐味です。

圓教寺のお堂を舞台に、ゲストアーティストの歌声がお山に響きます。
一日笑ったあとの最高の時間。


子供たちの吹くシャボン玉が、素敵な演出を手伝ってくれます。







こころと体を解き放つ。
夢のような時間。


この場所だからこそ、感じることのできる。
奇跡のようなひととき。


ゲストアーティストの魅力が何倍にも膨らむ。
お山には、そんなパワーがあるように思えます。


日が暮れて。
空に星が輝く頃。

この時間がいつまでも続けばいいのに・・・。
そんな気持ちにさえなってしまう。



ゲストの計らいで、にじのわスペシャルのコラボも聴けてしまうかもしれない。
その夜限りの瞬間が、皆さんを待っています。



いつまでも高鳴る鼓動とともに。


最高の瞬間を是非一緒に体感しましょう!




山と空と音と。
そして、みんながいれば、それはきっと最高の夜。


今年は、お山での奇跡のひとときをどのように魅せてくれるのでしょうか。
想像するだけでドキドキします。


EMs
笑顔までのカウントダウン。
 にじのわまつり開催まであと1週間!

やばい!
テンション上がってきてるのに、体がついてきてない!(笑)

このワクワク感、運動会前の子供たちに負けない自信があります。
競って、てるてる作ってます。


「にじのわってどんな感じ?」

昨年、密着して撮影をした後、たくさんの人に聞かれました。

私の答えは。

「笑顔がいっぱい。」


スタッフも。
出店者さんも。
お客さんも。

みんな笑顔。

撮影中はちろんのこと。
膨大な写真の編集作業にて、再確認。


本当にたくさんの笑顔に溢れる一日です。
全部は紹介しきれませんが、その一部をお届けします。


まつりの朝。
スタッフ同士、出店者さん同士、再会に。


ロープウェイ待ち、ロープウェイの中でももちろん。
これから山登りって場面でも。


ハードな一日を過ごす、飛脚軍団。
笑い声まで聞こえます。


重い荷物を運んでいても。


子供たちの表情に、思わず。


写真撮らせてくださーい!の声に応えて。


笑顔の溢れる一日です。


お気に入りの商品を見つけたお客さんたち。
こちらまで幸せな気持ちになります。






出店者さんとお客さんとの出会いも、にじのわまつりの醍醐味です。

気に入ったものをみつけて。
おいしいものを食べて。

そして、それを作った人と話す。
そこに毀れる笑顔たち。
私が一番好きな瞬間です。






にじのわまつりの一日は。
こんなに楽しいが溢れています。






みなさんもワクワクしてきたでしょう?

当日、「写真撮らせてくださーい」って声がかかったら。
とびきり素敵な笑顔をお願いしますね☆

今年もたくさんの笑顔に出会えるのが、ほんとにほんとに楽しみです!

EMs
にじのわまつり2011 準備進行中!その3
 「にじのわまつりができるまで」シリーズ全5編にて、昨年の様子はお伝えしましたが。
もちろん、2011年だって準備は進んでおりますよ!

じんましんが出たり。
機械に巻き込まれたり。
首の筋を痛めたり。

しながらも・・・・。
日々、まつりのために生きています!(大げさ)


看板もたくさん作りました。


おっきいのから、ちっさいのまで。
後は、にじのわ美術班の芸術が炸裂するのを待つだけです!



スタッフ用の手ぬぐいが出来ました!
今年は、ブリュー!
販売用も少しありますので、早い者勝ちです☆



整理券も制作開始しております。
さっき、スタンプ完了のつぶやきが上がっていたので。
もうすぐ完成です。



飛脚Tシャツも、鳥たちが羽ばたき始めました。


細かい作業の積み重ね。
にじのわまつりはもうすぐそこです。



新しくお手伝いいただくスタッフたちのスタッフ証も、もうすぐ出来上がりです。


間違えないように、慎重に・・・。



さぁ、今年は本部テントにも仕掛けがありますよ。
男子が数える三角たちが、とても素敵なことになります。


三角さんかく。


ぴっしりさんかく・・・。


なんとなく、見えてきましたか?


最後は、ちくちく手縫いです。
当日のお目見えをお楽しみに!!



まつり当日まで残すところあとわずか。

みんなが一緒に笑える一日になりますようにと祈りをこめて。
スタッフ一同、皆様に会えるのを楽しみに、頑張っています!


おまけ。

スタッフの打ち合わせ場所、Frogman's Cafeに本物のアマガエル登場。
和むひとときをくれた緑色の小さなヒーロー。
ありがとう♪


EMs
にじのわまつりができるまで。2010年のこと。その5.
にじのわまつり当日。

太陽が昇れば。
にじのわまつりの一日が始まります。


この日のために、全国各地からたくさんの出店者さんたちが集まります。
中には、スタッフよりも早く到着した方もいらっしゃいました。


にじのわまつりの会場は、書写のお山の上。
一般車両は通行できないため。
ドライバースタッフの手によって、限られた数だけ荷物を運びます。


ケースに詰まった商品たち。
お客さんが手にするのが楽しみです。


ロープウェイの駐車場はもちろんのこと。
ヤマサさんや東洋大姫路の駐車場もお借りしています。
各駐車場をしきってくれるパーキングスタッフくんたち。
打ち合わせもきっちりと。


飛脚くんたちの朝の出勤風景。
朝日が似合うこと、この上なく。


始発のロープウェイは、スタッフと出店者でぎゅうぎゅうです。
それでも笑顔でわいわいとにぎやか。
みんな、まつりが楽しみで仕方ないのです。


ロープウェイを降りたら、後は会場を目指すのみ。
たくさんの荷物を持って、いざ!


もちろん、飛脚くんたちは、早速活躍します。
お子様の乗ったベビーカー。
大事に大事に運びます。



山の上では、レンタルする机の数もたっくさん。
出店者さんと個数を最終確認。


車での荷物の搬入があったものから、各自の出店場所まで運びます。


出店者さんたちがお互いに助け合う姿がたくさん見られました。
そうやって出店者さん同士が仲良くなっていくのも、にじのわまつりの素敵なところです。


スタッフも会場設営に大奮闘。


こちらも運ぶものがたくさんです。



それぞれのお店で、商品が並び。


看板が貼りだされ。


リラックス場所が確保され。(笑)


最後の打ち合わせも完了したら。
後はお客さんを待つだけです。



さぁ、にじのわまつりのはじまりです!


2010年は本当にいいお天気の一日でした。

今年も晴れますように・・・。
皆さん、23日の夜はてるてるくんを窓辺に吊るしましょう!

太陽の下、一緒に笑いましょう!

EMs
にじのわまつりができるまで。2010年のこと。その4.
9月にはいりました。
にじのわまつりの準備もいよいよ大詰めです。


数々の前準備を経て。
まつりの前の日。
いよいよ最終大仕上げの日です。


現在は一旦閉店中のitumoの店舗に。
ボランティアスタッフが集まります。


カラーコーンにブルーシート。
ロープに電気ドラム。
クーラーボックスにテント。


とにかく溢れるもの、もの、もの。


それらを全てお山の上へ。
積み込み作業だけでも大仕事です。



看板は汚さないよう。
壊さないよう。
仕分けもしつつ。




そして、トラックに山積みにして運んだものたちは。



お山の上で、今度は荷降ろしです。
当日の配置を考えつつ、分類しながら。
これがなかなか大変な作業なのです。



当日の混乱を出来るだけなくすため。
前日の準備はとても大切。
時間はいくらあっても足りないくらい。

ライブ会場の設営の頃には、日も傾いてきました。



そして、とうとう日も落ちて。
真っ暗になったお山の上で。
車のライトで点灯しながら、準備は続きます。



みんな、疲れているはずなのに。
どんどん息が合ってくる。


翌日のまつり本番に向けて。
意気が高まっていくのを感じます。



きっと明日は最高の一日になる。
そんな確信すら持てる夜。


準備万端。
この言葉、この夜の私たちにぴったりの言葉でした。


今年もそう言えるよう、にじのわスタッフ、みんな頑張ってますよ!


おまけ
前日準備中のひとコマ。

ドリンクメニューを書いてたら、いつのまにかにじのわキッズに囲まれて、困惑?
撮影してて、思わずにやりとしてしまった一枚です。


EMs